CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
SPONSOREDLINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
こっちでは初

 実はひっそりと存在しているマネブログ。

今年?来年?はまたこっちも活発に動かしたいですねー。

これから冬錬始まりますね。

15マネは初めての冬錬。最初は慣れなくて大変だと思います、一緒に頑張ろうねー。

14マネは去年の冬錬を乗り切っているからね、今年は余裕でしょ、頼りにしてます。

プレーヤーは、外でプレーするより疲労は溜まりやすいし、怪我もしやすいです。

アップ・ダウンしっかりやってください。ケア大切です。

マネにマッサージとかも頼んでくださいね(ちゃんとダウンしたあとね)。

みんなで冬を乗り切りましょう。

(先輩風を吹かせてみました)

| - | 22:38 | comments(1) | - |
いつのことだか

 今や一眼レフが主流となったラクロス部では過去の産物みたいな存在のデジタルカメラ

デジカメで撮った写真だし1か月前のことだし

カメラおじさんがすでにブログアップしてくれているので今更って感じだけど

まぁせっかく死ぬほど久々にカメラ持って行ったし、撮ったし書くか〜って感じです。

画質も技量も劣るけど何も言わないでください。

4/29のクラブイベントの写真たちです〜

まさやにオレンジのイメージがなくて、オレンジといえばひでだと思っていて

樽商に練習試合に行った時もひではロングじゃないって思いつつ

ずっとまさやのことひでひで言ってました。

もうさすがに覚えたよごめんよまさや。

フェイスさっくんとはる

後ろの西井の顔が渋いね!いい顔してるね!


広瀬のフェイス相手はつだこー

広瀬が勝った模様


ゆりさん!ピッチピチのはじける笑顔って感じですね〜

ゆりさんのこの上着妹さんも着てましたね(^v^)

これは亀田さん

これはとし

似たような恰好な上にロング持ってるからまるで双子コーデ



珍しい神田のオレンジメッジ

中西さんにもらったって言ってたけど中西さんもオレンジのイメージない。


撮りあっこ

後ろのももちゃん(間違ってたらごめんなさい)が何気にピースしてるのがみそ


こうせつの、オフサイドの瞬間

これは完全に黒だね、線踏んでるね!


チームまさもさん

まさもさんって呼び方すっかり定着したような・・・

誰が呼び始めたんだろう笑


てつさん(^v^)

1年生コーチ!(^v^)


ピンクの靴下かわいい!

もっと大きく撮ればよかったなぁ

いい笑顔!

仕事しながらも撮るカメラおじさんを撮る

カメラおじさんとか言ってるけどせーやさんのこと本当は本当にすごい先輩だと思ってます

いつもお世話になってます!!


「いってぇ〜」ていうじゅんさんの声が聞こえてきそう

なんかぴよーんって感じ

誰だろうこの人


武田。運転してるときちょっとかっこよく見えるよ、うん。


改めて一眼レフってすごい画質いいのね〜と思った。

あともっと全体的にアップで撮ればよかったなぁ

おわり


| - | 14:50 | comments(0) | - |
やっと
管理者ページに入れた。
パスワードだけちゃんと覚えててよかった。
もっと早く気付けばよかった。
記念になんとなく無駄に投稿
ただのぼやき















今日の練習は個人的に最悪だった。

全体的にしまりのない練習だったなーという個人的感想
自分の気持ちの問題なのかもしれないけど。

自分の置かれている立場を日々客観視することはいつだって大切だよね。
何か行動を起こすにも何か発言するにも。
裸の王様にはなりたくないな。



でも15がまた新しく5人も入ってよかった。
チームスタッフも早く来ないかな〜
もっとブログ更新しよーといつも思うけど継続が難しいんだよなー

 
| - | 23:50 | comments(1) | - |
10の卒業 あれこれ

明日でニート最終日、4月からは大学院生活が始まります。

どーも 澤井です。 もう忘れちゃったかな。
これで澤井によるマネブログ更新は最後です。 


10が、08が、またひとり、また一人と札幌を離れていってしまう今日この頃
皆さんいかがお過ごしでしょうか。

現役くんたちはたいそう頑張っているとのことでなによりです。

最後のブログは 写真ブログ

これからもたまには10のこと思い出してねーという気持ちを込めて、、、


2014.03.35 私たちは北海道大学を卒業しました。 (*全員ではない、、)


集まってくれた後輩たちには感謝です


フライングたもちゃん


この人も、、


なんか違う


これもなんか違う、、


なんて素敵な写真だろう


ラクロス部で過ごした四年間 とってもはやかったなー

コーチになる人、OB会を支える人、社会人になる人、まだ卒業してない人 
いろいろあるけど

10はずーーーーーーーっと ラクロス部のサポーターだよーーーーーーー!!




最後はグアムーーーーー

10は3月13-17日(?)グアムに卒業旅行に行きました

すっかり みんなグアム好き

ほら! こんなかんじ


出発前からこのいきりっぷりだったからね

行きも帰りも成田に6時間ずつ、、


ついた先は常夏でした。




こーんなことや


こーんなことや



時には飛んだり



時は大航海時代


キャプテンあなちゃん


流れる10


うん アメリカン!


苦しそうなだんちゃん


まだいけるたもちゃん


まよねーずはスイーツを堪能


えーーっと これは、、G

メンター活動の成果ですな


引退してから成長した(横に)10




遊び疲れてくたくたです




また いつか、10皆で遊ぼうね

男子ラクロス部 最高の仲間をありがとう


またね!  らくろーーーーーーーーす


| - | 15:27 | comments(6) | - |
もうすぐだから
 欠席遅刻早退の多い人たちへ

マネミーティングでも言いましたが
最近おかしな休みが多いね。
確かに急に決まる予定も多く、
調整しきれないことがあるのは確かで、
運営側のこちらとしても申し訳ないと思う所もあります。
しかし、そればかりのせいでは無いように感じる。予定関係については寧ろ今年は例年よりきちんと、特にMG班では全体メーリスより先に、幹部で話が出た時点で予定を下ろしている。
君たちの欠席遅刻について訝しく思うのは  何も君たちを信頼していないからではない。 この一年どんなことでも疑わず信じようと思ってきた。でも、こうも頻繁に休まれると心配になってしまう。
私や4年生はよく部活を空けてしまうことがあるけれど、それを真似してもいいとでも思っているのか。良くない見本であったことは申し訳ない。でも、私たちが一度の欠席をどんなに辛く思っているか考えたこともないだろう。

休むのがいけないこととはけして言わない。部活の前に学業が立つべきだと個人的にも思う。しかし、もし君たちがまだ部活を続けたいとしたら、今の一つ一つの行動が、全部員に見られ、評価され、後の自分の立場を貶めるものになるかもしれないことを理解するべきだ。
後々何れだけ後悔しても遅い、1年生の頃からかの行いは必ず上級生になる程に君たちの脚を引っ張る。
これは私自身この1年過去の良くない自分と戦ってきたことからも思うことだ。

必要な時に休むことも大切だ。連日の練習で本当に辛くなったら1日くらいズル休みして休息日をつくってもいいとさえ思う。
しかし、今の君たちの休み方は本当に目に余る。欠席理由はネタを発表する場ではない。
練習で頑張っている姿も知っているからこそ、マネージャーの先輩だからこそ、君たちがプレーヤーから信用されなくなることはどうしても避けたい。プレーヤーは私達のように君たちの陰の努力に気づくことは少ない。だからこそ出席状況など表面的なものさしではかって、簡単に君たちから離れていく。信用されなくなることはマネージャーの一番の危機だ。

ファイナルの前宮島がメールを流してくれたように、
観客席で待つ君たちが、  
疲れたプレーヤーを出迎える
一番の心安らぐ存在であるべきだ。

もう一度自己を振り返って欲しい。
このままでいいのか。
1年後2年後の自分と話し合って欲しい。

ベンチメンバーではないから
まだ下級生だから
大学選手権のことは
Aチームのことは
4年生のことは
遠巻きに見ててもいいや
なんとなくもう少しで代替わりか

と軽く考えてはいないか?

マネージャーの自分一人の影響力など
たいしたことはないだろう

と軽く考えてはいないか?

それは大きな間違いだ。

マネージャーの質でチームは変わる。
あと2週間に迫った、今も。


君たちの行動一つ一つで
運営に携わる全ての幹部
次世代を見据える11
皆が揺れる。心配する。

今北大男子ラクロス部に
そんな余裕はあるだろうか。

これは総力戦であることを理解してほしい。

君たちは確かに試合に出るわけではない。
得点に直接関わる訳ではない。

でも、部の雰囲気を良くすること。
練習の質を高めること。
それは私達にもできることだ。
そしてまだ今でもそれが  
2週間先の  得点、良いプレーに結びつく。

特に1年生は
まだ自分達の存在が部にとってどのようなものか実感できないでいるでしょう。
幹部は遠い存在に見えてしまうでしょう。

でも、こうして私が書いていることは
過去の自分への後悔でもあり、
どうしてもっと早く気づけなかったのかと悔しかったことです。
早く気づけば、それだけ部の、そして自分自身のプラスになることだと思います。

下級生は部の宝なんです。
未来の男子ラクロス部をつくる
それが君たちなんです。

マネージャーだってポジションの一つです。
金魚の糞ではないことを、
ただ人数が多いだけではないことを、
口だけではなく、
君たちの行動で証明していってほしい。
これまでの先輩方がそうしてきて下さったように。

期待しています。

もうすぐ大学選手権です。

覚悟はできていますか?


私はできました。

北大の、北海道のマネージャーが、
ラクロスが間違っていないことを証明しに
行きましょう。東京へ。

| あずあずブログ | 13:30 | comments(1) | - |
| 1/75PAGES | >>